肩こり首痛み情報館

肩こりの原因・治療・予防・解消方法や、40肩50肩・首背中の痛み・首のしこり・頸椎症などの症状病気の情報です。

頚椎後縦靭帯骨化症

頚椎後縦靭帯骨化症とは、頚椎の縦靭帯が骨化し固くなり、脊柱管が狭くなって脊髄や頚神経が圧迫されて、首の痛みや動作制限、手足や体の痺れや麻痺などの症状が起きる難病に指定された首の骨の病気です。首の痛み運動制限や肩こりにはじまり、進行すると、首・肩・腕手指の痛みや痺れ(しびれ)・筋力低下・運動障害・歩行障害・排泄障害などが現れてきます。

50歳代が好発年齢で、男性は女性の約2倍といわれています。極めて稀に30歳未満でも発症するといわれています。骨化症はレントゲンで容易に診断されます。進行はゆっくりです。靭帯が骨化する原因は不明ですが、遺伝、カルシウム代謝異常、炎症、ホルモン異常などがあげられていますが、遺伝的要因が大きいと考えられています。

頚椎後縦靭帯骨化症の治療は主に保存的治療ですが、手足の麻痺などがある場合は、時間が経過すると機能的な回復が難しくなることから手術療法が検討されます。

 - 首背中の痛みと病気

PC用

PC用

  関連記事