肩こり首痛み情報館

肩こりの原因・治療・予防・解消方法や、40肩50肩・首背中の痛み・首のしこり・頸椎症などの症状病気の情報です。

頸椎椎間板ヘルニア

首(頚椎)のヘルニアを頸椎椎間板ヘルニアと呼びます。首のヘルニアの症状は、首の痛み、肩こり、背中の痛み、手から腕に掛けての痺れ・痛み、手指動作の違和感などで、重症の頸椎椎間板ヘルニアになると歩行障害や排尿障害などが現れます。
首のヘルニア(頸椎椎間板ヘルニア)の原因は、加齢による頚椎の退行性変化(首の老化)によるものが多く40歳代が好発年齢です。スポーツ障害や軽い外傷などで首のヘルニアを発症することもあります。

頸椎椎間板ヘルニアは、頚椎の椎間板の髄核を包む線維輪に裂けて髄核がとび出した状態です。この髄核が神経根や脊髄を圧迫するために、首や肩の痛みやこりなどの症状が現われます。首のヘルニア(頸椎椎間板ヘルニア)の症状に似た首(頚椎)の病気に、変形性頸椎症、頸椎後縦靱帯骨化症、頸椎捻挫(むちうち症)、頸肩腕症候群などがあります。

頸椎椎間板ヘルニアの診断は、診察とレントゲンで容易に判断でき、MRIで詳細な診察が行われます。症状によって脊椎や脊髄の腫瘍との鑑別が必要となる場合があります。首が痛い、首がこる、肩こりがひどい、手・腕が痺れる、手指が動かしにくい、など複数の症状がある場合は、整形外科の受診をしてください。

 - 首背中の痛みと病気

PC用

PC用

  関連記事