肩こり首痛み情報館

肩こりの原因・治療・予防・解消方法や、40肩50肩・首背中の痛み・首のしこり・頸椎症などの症状病気の情報です。

四十肩・五十肩の治療

四十肩・五十肩になってしまったら、根気強く治療をすることになります。いわゆる四十肩・五十肩の急性期には炎症を起こしていますから、肩を安静にして炎症を抑えて肩の痛みを和らげます。肩の痛みが落ち着いてきたら、肩が固まって肩の可動域が狭いままにならないようにリハビリをします。
四十肩・五十肩の程度によって治療法がちがいます。個人差がありますから、肩を冷やす・温める時期やリハビリの方法は専門医に相談してください。肩関節の拘縮を防ぐには早めの運動療法がよいといわれています。

急性期・慢性期の四十肩・五十肩の治療

四十肩・五十肩の急性期は、肩が痛くて腕が上がらない時期です。肩を冷やして動かさないでください。肩を安静にして、冷やして炎症を抑え痛みを和らげます。アイシング(氷嚢・アイスパックなどで冷やす)をします。
肩の痛みが軽くなってくる慢性期になったら、温めて肩を動かすようにします。肩を動かさないでいると肩周辺の腱・滑液包(潤滑油の袋)などが癒着して肩が動かなくなっていくだけでなく、肩関節周辺の筋力も低下してしまいます。体操をするなどして癒着を防いでください。ただし、体操などの運動後に肩に熱感がある時はアイシングをします。熱感は炎症を起こしていることになりますから、冷やします。「炎症」は「冷やす」が基本です。

 - 四十肩・五十肩

PC用

PC用

  関連記事