肩こり首痛み情報館

肩こりの原因・治療・予防・解消方法や、40肩50肩・首背中の痛み・首のしこり・頸椎症などの症状病気の情報です。

四十肩・五十肩の原因症状

肩を動かす関節周囲には筋肉・靭帯・腱・血管・神経があります。その内の一つでも損傷すれば、痛みや痺れ(しびれ)が引き起こされます。四十肩・五十肩の原因に、腱板炎、上腕二頭筋長頭腱炎、石灰性腱炎、腱板断裂があります。

四十肩(五十肩)の原因と症状

 腱板炎

腱板炎(けんばんえん)とは、年を重ねることで少しずつ腱板が傷むことによる炎症です。腱板炎の症状は様々で、肩に違和感を感じる、夜間や運動時に肩が痛いなどなどです。肩に激しい痛みのある急性腱板炎の治療は、安静と炎症を抑えることになり、抗炎症剤(薬や湿布)の薬物療法や注射によるブロック療法を行います。激しい痛みが軽くなってくる慢性期には、リハビリとして肩を温めたり動かしたりして肩が固まる拘縮という状態を防ぐことになります。

 上腕二頭筋長頭腱炎

上腕二頭筋長頭腱炎(じょうわんにとうきんちょうとうけんえん)とは、上腕二頭筋と呼ばれる肘を曲げる筋肉(力こぶを作る筋肉)の長頭腱が肩で擦れて起きる炎症です。主に肩の前面部に痛みがあり肩の動きが制限されます。夜間に痛いこともあります。上腕二頭筋長頭腱炎の治療は腱板炎とほぼ同じです。

 石灰性腱炎

石灰性腱炎(せっかいせいけんえん)とは、腱板にたまった石灰の刺激でおきる炎症です。肩の腱が疲労・老化すると腱の弾力がなくなって弱くなって腱が部分破壊して石灰化が起きます。レントゲンで肩の中に石灰の塊が認められられることで診断されます。激しい肩の痛みで肩が動かせなくなります。急性期の石灰性腱炎の治療にはブロック療法が有効といわれています。

 腱板断裂

腱板断裂(けんばんだんれつ)とは、腱板が切れる肩の筋肉の損傷です。スポーツ選手で見られる腱板断裂ですが、変性断裂という加齢によって徐々に擦り切れる腱板断裂もあります。腱板断裂の症状は、腕が上がりにくい、肩を外転する(腕を横に上げる)ときの肩が痛みなどがあります。軽度の断裂の場合は、温熱療法・薬物療法・ブロック療法などの治療ですが、重度の断裂の場合は手術が必要なことがあります。

 - 四十肩・五十肩

PC用

PC用

  関連記事