肩こり首痛み情報館

肩こりの原因・治療・予防・解消方法や、40肩50肩・首背中の痛み・首のしこり・頸椎症などの症状病気の情報です。

片頭痛(偏頭痛)の原因症状治療

片頭痛(偏頭痛)とは、吐き気を伴うような強い頭痛が発作的に起きる慢性頭痛です。片頭痛(偏頭痛)は若い女性に多いです。月に1~2回、多いときは週に2~3回、繰り返しおきて、頭痛が治るまでに数時間、長いときは数日続くこともあります。
片頭痛(偏頭痛)の原因は解明されていませんが、体質にストレスやホルモンの変化が加わることで起きやすいといわれています。精神的ストレスを受けているときは起きないのに、ストレスから開放された後に頭痛が起きるのが特徴です。
文字を見ているときに「視野の中心が見えにくい⇒視野周辺にチカチカしたギザギザの腺が表われる⇒この腺が大きくなって視野の外方向に拡大していって消える⇒片頭痛(偏頭痛)が起きる」といった閃輝暗点は片頭痛(片頭痛)の前兆として多く見られます。

片頭痛(偏頭痛)の症状

  • 頭の片側または両側がズキンズキン・ガンガンと脈打つような激しい痛みでが、休むと楽になります。
  • 頭痛が起きているとき、音や光で痛みが増したり、吐き気がしたり、吐いたりすることがあります。
  • 頭痛が起きているとき、横になっていても体の向きを変えただけで痛みが増します。
  • 寝ると楽になります。

片頭痛(片頭痛)の治療

先ずは片頭痛(片頭痛)を誘発する原因を避けることになります。片頭痛(片頭痛)は頭の血管が拡張して炎症を起こしたりしますから、治療薬として鎮痛薬・消炎鎮痛薬・血管拡張予防薬などが処方されます。

片頭痛(片頭痛)の対処法

日常生活でストレスをためない工夫をして、片頭痛(片頭痛)の引き金になる因子を取り除きます。
片頭痛(片頭痛)になってしまったら、睡眠が片頭痛(片頭痛)に効果的といわれています。椅子に座って安静にするだけでも痛みが軽減します。他にもマッサージ・運動などがありますが個人差があって、有効だったり逆効果だったりしますから、自分にあった頭痛解消方法を見つけることになります。

 - 肩こりと頭痛

PC用

PC用

  関連記事