肩こり首痛み情報館

肩こりの原因・治療・予防・解消方法や、40肩50肩・首背中の痛み・首のしこり・頸椎症などの症状病気の情報です。

緊張型頭痛の診断・治療

緊張型頭痛は片頭痛と同じく機能性の頭痛ですから、他の器質的な疾患との鑑別が重要になります。内科的・神経学的な診察で異常が認められず、肩・首・後頭部のこりや圧痛があれば緊張型頭痛と診断されます。
肩・首・後頭部にこりがあれば長い間筋肉が緊張していると診断されます。ですが、筋肉が硬くなっているのに圧痛を感じない場合や、筋肉が硬くないのに圧痛を感じることがあります。また、緊張型頭痛と片頭痛の両方の症状をある混合型頭痛もあります。
頭痛のタイプで治療方法が異なりますから、自己判断は危険です。病院で診断を受けましょう。日本神経学会で頭痛治療のガイドラインが作成されています。

緊張型頭痛の治療薬

緊張型頭痛の治療薬に、鎮痛薬、消炎鎮痛薬、筋弛緩薬、循環改善薬、抗不安薬、抗うつ薬などがあります。鎮痛薬や消炎鎮痛薬はいわゆる痛み止めで市販もされていますが、他は病院で処方してもらいます。

市販の鎮痛薬や消炎鎮痛薬を服用している場合は、早めに飲むと効果的です。ですが、飲みすぎると薬剤誘発性頭痛になってしまうことがありますから要注意です。市販の鎮痛薬や消炎鎮痛薬について良く分からなかったり、服用していても頭痛が改善しない場合は、医師に相談することをおすすめします。
薬を漫然と飲み続けるのではなく、日頃の生活を見直して、自分に合った心身のストレス改善方法を見つけて緊張型頭痛を解消する努力も大切です。

 - 肩こりと頭痛

PC用

PC用

  関連記事