肩こり首痛み情報館

肩こりの原因・治療・予防・解消方法や、40肩50肩・首背中の痛み・首のしこり・頸椎症などの症状病気の情報です。

疲れ目が原因の肩こりを解消

疲れ目(眼疲労)が原因で肩こりが起こることがあります。眼鏡やコンタクトの度が合わなかったり、物を見ようとして無理な姿勢で肩こりになったりします。疲れ目(眼疲労)が進んで眼精疲労になる前に目の疲れをとりましょう。現代病ともいえるパソコンと深い関係にあるVDT症候群は要注意です。
次のような人は目の疲れ(眼疲労)で肩こりになっているのかもしれません。

  • メガネやコンタクトが合わずにみえにくい
  • 長時間パソコンに向かって仕事をすることが多い

ただの疲れ目(眼疲労)や肩こりと思っていたら別の病気が原因のこともありますから、放っておかず適切な対応をしてください。

疲れ目を予防しましょう

デスクワークやパソコン作業で近くのものを長時間見続けると、目の中の焦点を調節する筋肉が緊張したままになって弾力が失われて、物が見にくくなります。そして、はっきり見ようとして無理な姿勢になり肩こりになったりします。また、目の筋肉の衰えは近視などの要因になります。
目の疲れ(眼疲労)予防には、近くのものを長時間見つづけないことです。休憩を入れて目の中の目の筋肉の緊張をほぐしましょう。

  • 近く(手元)と遠く(窓の外)を交互に見ることで、焦点を切り替える運動になります。
  • 眼球を左右・上下に動かすことで、目の緊張をほぐします。

 - 肩こりと目の疲れ

PC用

PC用

  関連記事