肩こり首痛み情報館

肩こりの原因・治療・予防・解消方法や、40肩50肩・首背中の痛み・首のしこり・頸椎症などの症状病気の情報です。

肩こりと姿勢の関係

肩こりの原因の多くは姿勢です。正しい姿勢(自然湾曲のS字姿勢)でいても、その姿勢を保持するために常に筋肉は使われています。細い首は、重い頭を支え、肩からぶら下がる重い腕をささえています。

正しい姿勢であれば殆ど肩こりは起きないといっても良いかもしれません。ですが、いったん姿勢が崩れると、姿勢の悪い部位の筋肉が緊張疲労して強張って、コリや痛みを引き起こし、痛みの悪循環が始まります。肩こりを引き起こす代表的な悪い姿勢が猫背です。いつの間にか前かがみの猫背になっていませんか?気づいたら意識的に正すことが大切です。

肩こりの悪循環が始まる軽い肩こりのうちに姿勢を正しましょう。悪循環が始まって重度の肩こりなら、姿勢を正すとともに体操やストレッチなどの積極的な努力が必要です。それでも治らない肩こりや肩こり以外の症状がある場合は病院(整形外科)で診察・治療を受けてください。

悪い姿勢といえば猫背

肩こりを引き起こす悪い姿勢の代表格が猫背です。長時間のデスクワークやパソコン操作で、知らず知らず前屈みになっていませんか?前屈みの姿勢が習慣や癖(クセ)になると猫背になってしまいます。年を重ねると筋力が低下します。背筋は使うことが少ないので弱くなりやすいため、腹筋と背筋のバランスがくずれて猫背になりやすいです。

正しい姿勢(自然な脊椎のS字カーブ)のときは、頭の重みは脊椎全体で支えますが、猫背になると頭が前方向に移動するため、頚椎や首から肩の筋肉に負担が大きくなります。猫背で首が前に傾くと、血流量が減少して筋肉は緊張し、乳酸などの疲労物質や老廃物がたまって首コリ・肩こりや痛みがおきます。そして悪循環が始まります。

猫背は腰痛の原因にもなります。日頃から猫背を矯正する意識を持ち続け、猫背になっていると気づいたら正しい姿勢になおす習慣をつけて、腹筋・背筋を強化してください。

 - 肩こりと姿勢

PC用

PC用

  関連記事