肩こり首痛み情報館

肩こりの原因・治療・予防・解消方法や、40肩50肩・首背中の痛み・首のしこり・頸椎症などの症状病気の情報です。

低反発・高反発の枕とマットレス

低反発枕・マットレス・敷きパッドは、低反発ウレタン素材を使っています。一方、高反発枕・マットレス・敷きパッドは、低反発の逆の発想から生まれたもので、高反発ウレタン系素材また高反発網目繊維構造素材を使っています。それぞれ、特性があります。どちらを選ぶかは、体圧分散性と寝返りやすさで好みが分かれるようです。価格は低反発よりも高反発の方がマットレス・枕ともに高めです。

低反発と高反発のどちらを選ぶにせよ、寝具(特に枕)は自分の体に合ったものを選んでください。

低反発マットレスと高反発マットレス

低反発マットレスは、圧力によって形が変化した後にゆっくり復元する特性を利用して、体にかかる圧力を分散して、一ヵ所に圧力がかかるのを防ぎます。身体の形に合わせてゆっくり沈むため、包み込まれるような感覚があります。高反発に比べて、寝返りがしにくく、通気性は低く熱がこもりやすいです。

高反発マットレスは、反発力が高いので復元力が高く、圧力がかかると押し返す力が強いので、寝返りがうちやすいのが特徴です。低反発のように、身体にかかる圧力を分散して、一ヵ所に圧力がかかるのを防ぎます。低反発に比べて硬く感じるかもしれません。

男性は硬め、女性は柔らかめを好む傾向があるようです。筋肉がしっかり付いている男性は高反発、筋力が弱い女性は低反発が合っているようです。また、包み込む感覚のある低反発は精神的に弱っているときに良いといわれています。腰痛の人は寝返りをうちやすい高反発が良いようです。

低反発枕と高反発枕

素材の特性や使用感はマットレスと同じです。低反発は頭を包み込む感じでフィット感があり、首に優しいといわれています。高反発は硬めですから、フィット感がほしい人には不向きかもしれません。ただ、低反発枕で寝返りがしづらく首や肩がこるならば、高反発のほうがよいです。高反発のほうが寝返りをしやすいので、肩こり予防にはよいといわれています。また、通気性を考えると、特に夏などは、熱がこもりやすい低反発よりも高反発がよいかもしれません。マットレスと枕が同じ素材である必要はなく、自分にあう方をえらんでください。

 - 肩こりと寝具

PC用

PC用

  関連記事