肩こり首痛み情報館

肩こりの原因・治療・予防・解消方法や、40肩50肩・首背中の痛み・首のしこり・頸椎症などの症状病気の情報です。

肩こりと寝具の関係

睡眠時の姿勢が肩こりに大きく影響します。日常生活や仕事など起きて活動しているときは、背骨(脊椎)の生理的湾曲を保つのは難しく、精神的ストレスにもさらされています。睡眠は肉体的・精神的な疲労回復をする大切なものですが、枕・敷布団・掛け布団などの寝具の硬さ・高さ・大きさ・重さ・通気性・保湿性などが悪いと、疲労の回復を妨げることになります。寝ている間の姿勢を生理的湾曲をできるだけ保ち、酷使して緊張し疲れた筋肉を休めてやることが安らかな眠りと肩こり解消につながります。枕・敷布団の形状・材質にこだわってみてください。

寝姿勢の中で体に力が入らず一番リラックスできるのが仰向けといわれます。それでも、体の同じ部位が圧迫され続けておこる血液循環の停滞を避けるために右左と寝返りをします。合わない寝具では、身体にかかる負担を減らそうとして寝返り回数が多くなります。自然な寝返りができる寝具選びが大切です。また、合わない寝具のために不自然な姿勢で寝ていることで、肩や首の筋肉が睡眠中にも緊張がとれず、寝起きの肩こりを生じてしまうこともあります。寝起きの首や肩のこりで困っているなら、寝具(特に枕)を見直してみませんか?

※背骨は「後頭部から首・胸」と「胸から腰」の2つのS字カーブを描くようになっています。立ち姿勢の腰部S字カーブの隙間は4~6cmで、寝姿勢で身体に負担が少ない隙間は2~3cmといわれています。寝姿勢での後頭部から首にかけての隙間は、体型によって個人差がありますが、一般的に1~6cmです。

 - 肩こりと寝具

PC用

PC用

  関連記事