肩こり首痛み情報館

肩こりの原因・治療・予防・解消方法や、40肩50肩・首背中の痛み・首のしこり・頸椎症などの症状病気の情報です。

肩こりストレッチ・肩

肩こりストレッチをいくつかご紹介します。「椅子に座って」行う肩のストレッチングと、「床の上で」行う背中と肩周りのストレッチングです。床の上でおこなうヨガポーズも気持ちがいいです。

椅子に座って肩こりストレッチ

 椅子に座って肩ストレッチ

背筋を伸ばして、椅子に座ります。

  • 体の前、肩の高さで、右腕を左腕で抱えるように交差します。
  • ゆっくり手前に引きます。(抱えられた腕はできるだけまっすぐ水平に保ちます。)
  • 反対側も同様におこないます。

次に

  • 頭の後ろで、左腕の肘を曲げ、右手を左腕の肘に添えます。
  • 添えた右手で左腕をゆっくり引っぱります。(引っ張られる二の腕部分の緊張を意識しながら行います。)
  • 反対側も同様におこないます。

 椅子に腰掛けて肩ストレッチ

a背筋を伸ばして、両手を体の前で肘を曲げずに床と水平に上げます。

  • 前方向にゆっくり両腕を伸ばしていきます。
  • 両腕を下ろしながら上体を戻します。

b背筋を伸ばして、両手を体の横に肘を曲げずにたらします。

  • 前屈みになりながら、両腕を後方向に引き上げます。
  • 両腕を下ろしながら上体を戻します。

aとbから始まるストレッチングをそれぞれ1回ずつやって1セットです。

床の上で背中と肩周りをストレッチ・ヨガポーズ

床の上で行う体背面(背中・肩の回り)ストレッチとヨガのポーズのご紹介です。上体背面ストレッチとヨガのポーズの違いは、上体背面ストレッチの場合は両手は動かさず静止した時の腰の位置はふくらはぎに付いた感じです。一方、ヨガのポーズでは、両手が動き、静止したときの腰の位置は最初のポーズの位置とかわりません。

 上体背面ストレッチ

床の上で行う背中と肩の回りのストレッチングです。背中も伸ばすので気持ちがいいです。

  • 床の上で四つん這いの姿勢になります。
  • 腰をゆっくり後方に引き、上半身を床に着けるようにします。
  • そのまま10秒ほど静止します。
  • ゆっくりと、もとの姿勢にもどります。

 ヨガのポーズ

上体背面のストレッチに似たヨガのポーズをご紹介します。これも気持ちがいいです。

  • 床の上で四つん這いの姿勢になります。
  • 爪先を立てて顔は正面を向き、ゆっくりと息を吸います。
  • 息を吐きながら、両手を前方向に滑らせていき、息を吐ききって静止します。
  • 息を吸いながら、元の姿勢に戻ります。

 - 肩こり解消ストレッチ

PC用

PC用

  関連記事