肩こり首痛み情報館

肩こりの原因・治療・予防・解消方法や、40肩50肩・首背中の痛み・首のしこり・頸椎症などの症状病気の情報です。

首の骨の異常で肩こり

首の骨(頚椎)の障害で起こる肩こりがあります。外傷性・骨の変性・老化によるものなどがあります。症状は様々で、首の痛み・こり、肩の痛み・肩こり、腕の痛み痺れ、手指の動作のぎこちなさなどがあり、重症になると歩行や排泄が困難になったりします。

肩こりを引き起こす頚椎の病気

頚肩腕症候群:首から肩や腕にかけて起こる痛み・コリ・痺れなどの症状の総称です。症状の原因疾患が不明の段階で便宜的に用いられ、原因が判明すれば正しい病名に変わります。

胸郭出口症候群:腕神経叢と周囲の血管が、胸郭出口部(首の神経が腕の神経に移る部分)で骨や筋肉で圧迫されたり引っ張られて、首肩腕背中の痛み、頭痛、肩こりなどの症状がおこります。

むち打ち損傷(頚椎捻挫)(頚椎捻挫):事故やスポーツで首に一瞬の衝撃が加わって、首の痛みや動きの制限、頭痛、肩こりなどの症状が起こります。

頚椎椎間板ヘルニア:頚椎の椎間板が主に加齢によって後方向に飛び出すことで、神経根や脊髄が圧迫されて、症状の程度は違いますが神経根障害や脊椎障害が現れます。首肩腕に痛み痺れや脱力感が出たり、歩行障害・排泄障害が起こることがあります。

変性頚椎症:主に加齢変化によって、椎骨や頚椎全体の形が変化します。症状には個人差がありますが、首の痛みや肩こり、背部痛といった局所症状が起こります。頚椎の変形による頸椎症性脊髄症や頸椎症性神経根症は、変形性頸椎症とは別の病気として扱われます。

頚椎後縦靭帯骨化症:頚椎の縦靭帯が固くなって脊柱管が狭くなり、脊髄や頚神経が圧迫されて、首の痛みや動作制限、手足や体の痺れや麻痺などの症状が起きる難病指定の病気です。

 - 肩こりの原因

PC用

PC用

  関連記事